陸軍幼年学校の生徒がパラシュート

 ロシア南部のスタヴロポリ市郊外。A.P.エルモーロフ記念陸軍幼年学校の生徒がパラシュートで着陸後、クラスメートの降下の様子を見守る。この国立の幼年学校では、通常の学科に加え、軍事教練および愛国的な内容の学科を教えている。パラシュートは、14~17歳の生徒が選択できる科目の一つ。

=ロイター通信撮影