神現祭

1月19日、 モスクワ郊外。この日、ロシア正教会は、神現祭(キリストの洗礼を記念することから「主の洗礼祭」とも言う) を祝う。川、湖などで聖水式を行うと、その水が聖水に変わると信じられており、天候に関係なく、信者がその水に漬かる習慣がある。写真は男性がモスクワ川の氷の穴から水に入るところ。=ロイター通信撮影