サンクトペテルブルクのスモーリヌイ修道院の彼方に今年最後で通算3回目となる「スーパームーン」が昇る。

9月8日、サンクトペテルブルクのスモーリヌイ修道院の彼方に今年最後で通算3回目となる「スーパームーン」が昇る。これは、月と地球の距離が近く、通常よりも大きく見える満月だ。スモーリヌイ修道院は、イタリアの建築家バルトロメオ・ラストレッリにより、1748~1764年に建てられた。=AP通信撮影