首座使徒ペトル・パウェル大聖堂(ペトロパヴロフスキー大聖堂)

サンクトペテルブルクのランドマークと言えば、首座使徒ペトル・パウェル大聖堂(ペトロパヴロフスキー大聖堂)の高さ122メートルの尖塔に取り付けられた金色の天使の形の風見鶏だ。天使は北西の風を示している。眼下 に見えるのはネヴァ川。対岸にはエルミタージュ博物館(冬宮殿)が見える。=AP通信フォト/ドミトリー・ロヴェツキー撮影