シューホフ・タワー

モスクワ都心の地下鉄シャーボロフスカヤ駅近くに立つテレビ塔「シューホフ・タワー」(1922年完成)。建築家ウラジーミル・シューホフによる、この高さ150メートルの塔は、アヴァンギャルド建築の傑作で、鉄線を格子に組んだ双曲面構造をしているが、老朽化を理由に解体される可能性が出てきた。街頭抗議があちこちで行われたり、数千人がタワーを背景にした“自撮り”(selfie)とともに署名請願書を寄せるなど、タワーの保存キャンペーンが盛り上がっている。=AFP通信/East News撮影