グレーコフ記念戦争画家スタジオにて

ロシア功労芸術家、パーヴェル・ルイジェンコが、グレーコフ記念戦争画家スタジオにて、ジオラマで、「ウグラ河畔の対峙」を制作する。これは、1480年にイワン3世がタタールの大軍を戦わずして退けた事件で、「タタールのくびき」からの解放の象徴となった。=セルゲイ・クズネツォフ/ロシア通信撮影