「トゥイム穴」

ユーリー・ユフェロフさん(31)は、アマチュアのロープジャンプ・グループ「出口」のメンバーだ。海賊とマロース爺さん(ロシア版サンタクロース)の衣装を着て、クレーターに向かって、120メートルの高さの岩からロープ・ジャンプを敢行!

このクレーターは、ハカシア共和国のトゥイム市郊外にあり、「トゥイム穴」と呼ばれる。クレーターは、20世紀半ばに、モリブデン、銅などの地下鉱山で多数の発破が行われたためにできた。ロープジャンパーは、最高時速180キロで、わずか5秒で穴に落下する。=ロイター通信/イリヤ・ナイムシン撮影