「記憶の考古学」展覧会

9月21日、 モスクワの「ゴーゴリセンター」で、ロシアのアーティスト、ワレンチン・コルジョフの展覧会「記憶の考古学」が始まった。この展覧会のテーマは、ソ連とその15共和国の運命。15の陶製の頭蓋骨と、陶器の破片は、今は滅びた文明とそのユートピアを表現しているとのこと。=マクシム・ブリノフ/ロシア通信撮影