チャイコフスキーのオペラ「エフゲニー・オネーギン」

2月6日、モスクワのボリショイ劇場で、ラトヴィア 国立オペラによる、チャイコフスキーのオペラ「エフゲニー・オネーギン」(プーシキン原作)のゲネプロが行われた。見せ場の「手紙の 場」で、ヒロインのタチアーナがパソコンでブログをやっているなど、“斬新な”パロディー的演出で話題になっている。 =ウラジーミル・アスタプコヴィチ/ロシア通信撮影