引かれる訳は 人物像が日本人的

ナタリア・ミハイレンコ

ナタリア・ミハイレンコ

高等経済学院で亀山郁夫教授と共に講演をした際、日本人がこの小説に引かれる理由を聴衆に問われ、私は分からないと正直に答えた。その後、私なりにあれこれ考えた。

クリックすると拡大します。

 三つの主柱(ドミートリー「人間の幅」、イの「神の不在」、アリョーシャの「子供の涙」)から「真のロシア性」という化学式をこしらえる。これフョードル・カラマーゾフのつかスメルジャコフ的なものを一つか投じたドストエフスキ
 彼のおかげで
界はすでに130年にわたりロシアの民族性のうちカラマーゾフ兄弟に見られるもロシア的なものとは何かを続けている
 インパクトは
悪の見境がないドミートリー抜きんでている。確かにその通りかもしれない。
 詩
的に言えば「不羈放」するに「節度のなさ」は、シア魂の国際的に認められた(そしてロシア人も否定しない)徴である。
 ロシア来の格言集にはこんな文句がある

 

するなら処せ、むなら
 切るならばっさり
 愛するなら女王を、盗むなら百万を
 危険を冒さざる者、シャンパンを
べからず

 民族こうした属性は、祖国の歴史において一度ならず国を極端から極端へ走らせた。自由ならば底無しの混とん秩序ならば専制か独裁というように。節度のなさの裏側には、武骨な粘り腰や雄々しき不抜さがある。
 その類の頑強さゆえに、一揆が起こり、1812年にはボロジノ大敗しても持ちこた1941年には軍が潰(つい)えてもレニングラードを明け渡さずスターリングラードを守り抜いた。
 ロシア性の徴は、ある状況ではすさじい憤怒を、別の状況ではき感嘆を呼び起こすことだ
 しかし、世界には
ロシア人にあまり似ていなくともシア人以上にこうしたの性質をそなた民族がいる。お察しの通り、れは日本人である
 

 さて、衆の質問へのおそまながらの回答にを戻せば、本人がこの小説を好むのはカラマーゾフ兄弟を自分の兄弟のように見なしているためではないかと思う
理想主義者のアリョーシャも気じみた合理主義者のイも、のにれたようなドミートリ、みんな本的な登場人物そのものなのだから。

 

ボリス・アクニン、作家

アクーニンブログから転載抄訳