プーチン大統領が日本人に勲章授与

 プーチン大統領が、ロシアの国家が外国人に与える褒賞についての大統領令に署名し、飯島彰己・三井物産会長と重久吉弘・日揮(JGC)名誉顧問がロシア友好勲章を受章した。3月3日付イズベスチヤ紙が報じた。

 飯島彰己・三井物産会長は、「露日間の共同経済プロジェクトの実現、および文化交流の発展における大きな貢献に対し」、ロシア友好勲章を受章した。法律関連の公式ポータルサイトで伝えられている

 同じくロシア友好勲章を、日揮(JGC)名誉顧問・重久吉弘氏が受章。

プーシキン・メダルの日本人受賞者

 このほか日本では、文化交流の発展への貢献に対し、松澤 建氏(民間外交推進協会理事長)、長屋房夫氏(ロシア正教会長司祭、ロシア正教会駐日ポドヴォリエに所属)、大内栄和氏(ジャパン・アーツ社長)が、ロシア文化振興への貢献をたたえるプーシキン・メダルを受賞した。

*イズベスチヤ紙の記事を参照

もっと読む:ロシアのバレエ芸術家に勲章授与>>>