メチル入りの入浴剤飲み60人死亡

イルクーツク市、2016年12月20日

イルクーツク市、2016年12月20日

=キリル・シピツィン/タス通信
 東シベリアのイルクーツク市で、人体に有害なメチルアルコール入りの入浴剤「ボヤルィシニク」を飲んで死亡した人の数が、60人に達した。イルクーツク州保健課のタチアナ・シュクルスカヤ広報担当が、ロシア通信にこれを伝えた。

 「21日13時(現地時間)の時点で、40人が入院中。5人は退院した」とシュクルスカヤ広報担当は話した。

 先に同課が伝えたところによれば、中毒症状を訴えている人は100人以上。

 メチルアルコールを含む偽造入浴濃縮液「ボヤルィシニク」の集団中毒は、先週末にイルクーツクで発生した。現在イルクーツクでは、非常事態宣言が発動されており、非飲料アルコール含有製品の販売は禁止されている。「ボヤルィシニク」(植物のサンザシ)をもとに作った薬剤は、ロシアでは心臓疾患の治療に用いられている。

ロシア通信の記事を全訳