ラブロフ外相「日本に平和条約を哀願せず」

 ロシアはクリル諸島を渡さず、また日本に平和条約を哀願しない。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が、このように話した。

 「我々はこれをしないし、今後もこれをしない。我々はクリル諸島を渡さないし、日本に平和条約を哀願しない」と、ラブロフ外相は露大衆紙「コムソモリスカヤ・プラウダ」のサイトの中継で話した。

 「我々は堂々たる、責任ある大国として、ソ連の継承国家として、ソ連が負ったすべての義務に追随することを確認している」とラブロフ外相。

 

「平和条約締結後に善意の印として引き渡しの可能性」

 この義務には、「ソ連と日本の議会によって署名、批准された」1956年日ソ共同宣言も含まれるという。「この宣言には、両国が平和条約を締結する義務を負うこと、そしてその後ようやく、ソ連が善意のジェスチャーとして、日本国民の願望に基づき、色丹島と歯舞群島を引き渡す用意についての問題が検討されるかもしれない、と書いてある」と話し、「この動きすべての条件は日本の隣人が第二次世界大戦の結果を無条件に認めること」と付け加えた。

 「誠に遺憾ながら、日本側にその用意はない」とラブロフ外相は話した。

記事全文(露語)

もっと読む:プーチン大統領「日本は重要なパートナー」>>>