名門大学番付けでロシアから3校

モスクワ国立大学=

モスクワ国立大学=

Lori / Legion Media
 M.V.ロモノーソフ記念モスクワ国立大学(MGU)、サンクトペテルブルク国立大学(SPbGU)、モスクワ物理工科大学(MFTI)の3校が、イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」による「世界で最も権威のある大学(World’s most prestigious universities)2016」の上位100位に入った。

 モスクワ大学は第30位(2015年は第25位)。昨年初めてランクインした(71~80位のグループ)サンクトペテルブルク大学は、今年81~90位のグループに入った。モスクワ物理工科大学は昨年ランクインしていなかったが、今年は91~100位に入った。

 

THE誌はランキングについてこう説明

 「今年の世界評判ランキングを決定づけたのはアジアの大学の力強い進歩。アジアからは18校がランクインした。昨年は10校だった。このような状況において、モスクワ大学とサンクトペテルブルク大学は下降を数ポイントに抑え、健闘した」とTHE誌の編集者はコメントしている。

 

主観的だが重要

 THE誌の関係者は、毎年秋に公表している「世界大学ランキング」とは異なり、主観的であることを認める。今回のランキングは大学の活動の客観的な指標ではなく、学術界の意見にもとづいているため。一方で、評判の指標が大学にとって非常に重要であると強調した。

 

記事全文(露語)