日仏首脳が露との対話の重要性確認

 南シナ海の航行の自由についても討議

 G7(主要7ヶ国)伊勢志摩サミットに先立ち、ヨーロッパを訪問している安倍晋三首相は3日、パリでフランスのフランソワ・オランド大統領と会談。ロシアとの対話継続の重要性を確認した。日本の日経新聞電子版でこれが伝えられている。

 両首脳は南シナ海における航行の自由などの安全保障問題についても話し合った。安倍首相はまた、テロとの闘いにおける日本とフランスの連帯を表明した。両首脳は伊勢志摩サミットの経済関連の議題についても話し合った。

記事全文(露語)

もっと読む:安倍首相の訪露・欧は5月1~7日>>>

もっと読む:プーチン「日本との対話は最優先外交課題の1つ」>>>