プーチン「日本との対話は最優先外交課題の1つ」

 ウラジーミル・プーチン大統領は、ロシア南部ソチで5月6日に予定されている安倍晋三首相との会談が、両国の関係発展に寄与すると考えている。外国大使の信任状捧呈式で、このような見解を明らかにした。

 信任状すなわち外国の元首が自国の代表を信認するよう求めるメッセージを20日にプーチン大統領に手渡したのは、イギリス、日本、ガボン、モルドバ、タイ、ボリビア、インド、ウズベキスタン、ウルグアイ、オーストラリア、パキスタン、モンゴル、キルギス、インドネシア、トーゴ共和国、サモアの大使。

 プーチン大統領は、日本との対話を、ロシアの外交政策の最優先課題の一つと呼んだ。

 「5月6日に予定されている安倍晋三首相のソチへの実務訪問は、両国の国益を考慮に入れた互恵にもとづく、日露関係の拡大に寄与する」とプーチン大統領は話した。

 

元記事(露語)

もっと読む:プーチン大統領:日本自身がロシアとの対話を停止した>>