「プーチン氏訪日は最重要行事」

 日本の安倍晋三首相は、ロシアを非公式に訪問する予定。自民党の稲田朋美政調会長は、ロシア上院(連邦会議)国際問題委員会のアンドレイ・クリモフ副委員長との会談の席で、これを明らかにした。

 2016年は日本とロシアの政治的接触が最も密な年の一つになるという。「ラブロフ外相の4月半ばの日本訪問、安倍首相の非公式なロシア訪問と、重要な行事が控えている。この先の両国間の最も重要な行事は、プーチン大統領の日本訪問」と稲田政調会長。

 

安全保障分野でのロシアとの協力

 日本はアジア太平洋地域の安全保障、および世界レベルでの、ロシアとの協力を考えている。

 「日本政府の主な活動の方向性の一つは、積極的平和主義。ロシアはアジア太平洋地域および世界において重要な国であり、安全保障分野においてロシアと協力していきたい」と、稲田政調会長はモスクワ国際関係大学の講演で述べた。

 日本とロシアの協力分野として、国際テロとの闘いや朝鮮半島情勢をあげた。

*参考記事(露語):

http://tass.ru/mezhdunarodnaya-panorama/3173893

http://ria.ru/world/20160404/1402235646.html#ixzz44rweTGWG

 

もっと読む:「ハクトウワシを挑発するな」モスクワが北朝鮮に警告>>>