露国防省、トルコはスホイ機殲滅が計画されたものであることを認めた

 トルコ人役人がシリア領内におけるロシア航空宇宙軍の出撃回数を声明で表したという事実はスホイ24機の殲滅作戦が計画的なものであったことを「公式的に認めた」と捉えることができる。露国防省のイーゴリ・コナシェンコフ公式報道官は23日、ブリーフィングでこうした声明を表した。

 コナシェンコフ報道官はトルコのマスコミ報道で同国政府のヌマン・クルトゥルムシ公式報道官の声明を引用し、シリア領内におけるロシア軍用機の出動回数に関する正確なデーターを発表したことを指摘した。

 コナシェンコフ報道官は、これはロシアが米国側に提出したあらゆる証拠を米空軍司令部がトルコ参謀本部に渡したことを物語っていると語っている。

 「このようにして、あの11月24日、トルコの戦闘機が卑劣にも我々の爆撃機スホイ24を攻撃した時もトルコ参謀本部にはいつ、どこの地区でロシアの戦闘機2機が戦闘攻撃を行うかが明確に知らされていた。」

 「ヌマン・クルトゥルムシ氏の発言は、トルコがシリアの領空でロシア機を殲滅し、ロシアの軍人を殺害することを前もって計画していたことを公式的に認めたと捉えることができる。」

 ロシア・トルコ関係は、火曜日シリアでロシアのスホイ24爆撃機がトルコ側により撃墜された事件の後、危機的状況となっている。

 24日、ロシア機スホイ24が、シリアで墜落した。ロシアのプーチン大統領は、ロシア機について、シリア上空でトルコのF-16戦闘機の「空対空」型ミサイルによって撃墜され、トルコとの国境から4キロのシリアで墜落したと発表した。プーチン大統領は、テロリストの共犯者たちによる「裏切り行為だ」と指摘した。

 ロシア国防省の声明によると、パイロット1人は脱出して降りる最中に地上から攻撃されて死亡、またパイロットの救助作業を行っていたヘリコプター「ミル8」も攻撃され、作業に参加してした海兵隊員1人が死亡した。

 

*「Sputnik日本」より転載