プーチン大統領:ロシアは漁獲量で世界5-6位なのに、店で売られているのは依然として輸入品

 ロシア政府はロシアにおける水産品市場の状況を分析し、事態の改善のために速やかに策を講じるべきだ。月曜、プーチン大統領が述べた。

 プーチン大統領によれば、ロシアは漁獲量で安定して世界5-6位を占めているのに、ロシアの店先に並んでいるのは依然として輸入品の、かなり高い商品ばかりだ。品質も常にいいわけではなく、中には完全に人工のものまで含まれている。

 「ここには多くの原因がある。外国では船が漁獲関連の手続きをするのに数時間しかかからないが、ロシアでは一日かかる。数年前まではもっとかかった。政府は状況を分析し、事態の改善のために速やかに策を講じるべきだ」とプーチン大統領。

Sputnik日本より転載