シャラポワが世界2位を維持

 ロシアの女子テニス選手、マリア・シャラポワは、女子テニス協会(WTA)ランキングで2位を維持した。日本の錦織圭も4位をキープ。最新ランキングは17日、WTAの公式ウェブサイトで公表された。

 同じくロシアの選手、エカテリーナ・マカロワは、1ポイント下がり、13位になった。ロシアの選手としては上位第2位になる。

8月17日付けWTAランキング

1 (1). セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)、11821

2 (2). マリア・シャラポワ(ロシア)、6036

3 (3). シモナ・ハレプ(ルーマニア)、5546

13(12). エカテリーナ・マカロワ(ロシア)、2920

 ロシアの男子テニス選手、テイムラス・ガバシヴィリは男子プロテニス協会(ATP)ランキング51位を維持した。上位100位の最後を飾るのは、ロシアの選手、ミハイル・ユージュヌイ。7ポイント浮上した。

8月17日付け ATPランキング

1 (1). ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、14265

2 (3). アンディ・マレー(イギリス)、8660

3 (2). ロジャー・フェデラー(スイス)、8065

4 (4). 錦織圭(日本)、6385

5 (5). スタニスラス・ワウリンカ(スイス)、5575

51 (51). テイムラス・ガバシヴィリ(ロシア)、864

100 (107). ミハイル・ユージュヌイ(ロシア)、530

 

*記事全文(露語)