メドベージェフ首相がクリル再訪を計画

ドミトリー・メドベージェフ首相が、クリル諸島を再度訪問する計画を立てていることを明らかにし、さらに他の政府関係者にも訪問をすすめた。

 「まだ行ったことのない人は行ってみるべき。いずれにせよ、私は状況を確認するために行く予定を立てている。他の人も招待する」とメドベージェフ首相は政府会議で述べた。

 

クリル諸島の訪問

 メドベージェフ氏は大統領だった2010年11月、クリル諸島(国後島)を訪問した。それまで、ロシアの高官がクリル諸島を訪問したことはなかった。この時、メドベージェフ氏は地熱発電所を視察し、建設現場を訪れ、島民と話をした。その後、首相になった2012年7月、再び国後島を訪れている。

 

記事全文(露語)