三井物産 「サハリン2」LNG工場第3トレーンへ投資する用意がある

三井物産は、「サハリン2」プロジェクトの液化天然ガス(LNG)生産工場第3トレーンの建設に投資する用意がある。三井物産モスクワ 有限会社社長兼CIS総代表の目黒祐志氏が、ペテルブルグ経済フォーラムの場で行われたタス通信のインタビューで明らかにした。

 目黒氏はこれを、ロシアにおける優先プロジェクトだと述べ、実現に際して、いかなる問題もないと語った。目黒氏は、投資に関する問題はないと指摘し、「私たちは、今後10年の間に第3トレーンを建設することを依頼し、提案した。資金面で問題はなく、私たちには常にその用意があった」と指摘した。

 また目黒氏は、「福島第1原子力発電所での事故後、もし我々が「サハリン2」プロジェクトに参加していなければ、日本は大きな困難に直面していただろう」と語った。


*Sputnik日本より転載