ハバロフスク地方議会のチュドフ議長拘束

ボストチヌイ宇宙基地の建設資材費横領か

 ハバロフスク地方議会のヴィクトル・チュドフ議長がモスクワで10日、ボストチヌイ宇宙基地の建設工事で1億600万ルーブル(約2億4000万円)を横領した疑いで拘束された。

 ロシア連邦捜査委員会のウラジーミル・マルキン報道官によると、チュドフ議長は、連邦国営単一企業「連邦特殊建設局付属極東連邦管区特殊建設総局(ダリスペツストロイ)」の資金を横領した容疑で告発されたという。

 捜査関係者によると、ダリスペツストロイの資材のセメント、パイプ、金属製品、自動車用タイヤが、供給業者の価格ではなく、チュドフ議長の管理下にある営利組織を介した法外な高価で調達されていたという。この営利組織は横領目的で特別に創設されていた。