プーチン「領土交渉止めたのは日本」

 領土問題についての対話を日本と続ける用意がロシアにはあるが、対話は現在ほぼ膠着している、とウラジーミル・プーチン大統領は述べた。

 「この件について、ロシアは日本と対話する準備ができている。しかしながら今日、日本側から対話がほぼ止められている」とのプーチン大統領の言葉を、「インテルファクス通信」が掲載している。

 日本の国会によって批准された1956年の日ソ共同宣言にもとづき、日本と対話を行う準備ができていると、プーチン大統領は改めて述べた。

*元の記事(露語)