ラブロフ外相:キエフが主張する休戦条件は非現実的

ロシアのラブロフ外相は、ウクライナが主張する休戦条件について、ロシアは非現実的だと考えていると発表した。

 ラブロフ外相は、「ばかげた主張だ。要求は概して、キエフ当局の見解を完全に擁護している。皆さんも御存知のように、キエフ当局は、1日あるいは2日間にわたって1回も発砲がなく、静寂が続いた場合にのみ、重火器の撤去を開始すると発表した。我々は皆、理想的な休戦、理想的な停戦体制というものはないことをよく知っている」と語った。

 

元記事(露語)