ベルリンで露独仏ウクライナ外相会議が終了

ベルリンでウクライナ東部の紛争調整を話し合う、 ウクライナ独仏露の外相らによる会議が終了。10日、 アンドレイ・メリニク駐独ウクライナ大使が明らかにした。

 メリニク大使はツィッターに「たった今、 ベルリンで8時間に及ぶ困難な交渉が終わった。ミンスクでの『 ノルマンディー形式』での首脳会談にむけ、 多少手ごたえのある結果が得られた」と書き込んでいる。

 

*「ロシアの声」より転載