プーチン大統領 メルケル首相、オランド大統領、ポロシェンコ大統領とウクライナ危機について協議

ロシア、フランス、ドイツ、ウクライナの首脳が、ドンバスの危機的状況について話し合った。

 プーチン大統領、オランド大統領、メルケル首相、ポロシェンコ大統領が、電話会談を行った。ロシア大統領府報道部が伝えた。

  報道部の発表によると、「ウクライナ内紛の平和的解決に向けた国際的な取り組みの文脈の中で、ドンバスの停戦安定化を保障する必要性が強調された」。

  首脳らは、被災地域の経済復興と住民への人道および社会的支援に関する問題も検討したという。

 

*「ロシアの声」より転載