ラブロフ外相「欧米はOSCEに安全保障上の権利を分け与えずNATOを無制限に拡大」

ロシアのラブロフ外相は「イズヴェスチヤ」紙のインタビューに答え、次のように述べた。

 「欧米は、無思慮にかつ制限なくNATOを拡大し、OSCEのすべてのメンバー国に安全保障権を分け与える代わりにNATO加盟国だけに安全を保障している。

   欧州の安全に関する条約を結ぼうとのロシアの提案は、他のイニシアチブと共に退けられてしまった。 欧州地域の今日の問題の一つは、OSCEに欧州における真に対等な安全を保障する法律的権利がないことだ。

   もしOSCE全加盟国の移動の自由保障のために、組織の経済的なコンポーネントが使われていたなら、我々は全く違った欧州と世界に住んでいただろう。

   ロシアと欧米の関係は、今年2月、深刻な政治的危機が始まり、南部・東部の3つの地域が独立に関する住民投票を実施したウクライナ情勢が原因で悪化してしまった。」

 

*「ロシアの声」より転載