ウクライナ最高会議選挙を尊重

ロシアは26日に行われたウクライナ最高会議選挙を実現済みと評価すると、ロシア外務省のグリゴリー・カラシン次官は述べた。

 「正式な選挙結果を待っている。今のところ、かなり異なる報告ばかり。今わかっていることは、それなりに厳しく汚れた選挙運動があったものの、実施されたということ」とカラシン次官。

 カラシン次官は、新たなウクライナ最高会議に求められることとして、「すべての社会との包括的な対話、地方代表者との直接的な接触、キエフの行動によって生じた問題の外交的な解決への努力」をあげた。