ウクライナ最高会議選挙がウクライナとロシアの関係の性質を変えることはない

ロシア下院(国家会議)国際問題委員会のプシコフ委員長は、ウクライナで26日に実施された最高会議(議会)について、同選挙が、ウクライナとロシアの関係の性質を変えることはないとの見方を表し、もしウクライナ政府が自国の立場を変えるとしたら、その原因は、外交あるいは内部情勢の圧力によるものに限られるとの考えを表した。

 プシコフ委員長はその例として、ウクライナはガスに関する合意、円滑な輸送の確保に関する欧州連合(EU)側からの圧力の下で、立場を変える可能性があると述べた。

 またプシコフ委員長は、「事実上、今後も残る現ウクライナ政府には、国を変えるための手段はなく、資金もない」と指摘した。

 委員長は、ウクライナにとって「ロシアとの関係は極めて複雑である。ロシアは、資金援助の供給源ではないとしても、ウクライナにとって有益な貿易・経済協力の源にはなれたはずだ」と述べた。

 ウクライナ中央選挙管理委員会の最終報告によると、26日にウクライナで実施された最高会議の投票率は、52,42パーセントだった。

 党リストに関するプロトコルの25パーセントを集計した時点で、ヤツェニュク首相の「人民戦線」が、得票率21.69パーセントでトップに立ち、「ピョートル・ポロシェンコ・ブロック」は、得票率21.63パーセントとなっている。

 

*「ロシアの声」より転載