クドリャフツェワとマムン来日へ

トルコ・イズミルの世界新体操選手権大会で活躍した、ロシアの新体操選手が、「イオンカップ2014世界新体操クラブ選手権」に出場するため、日本に行く。

 2度の新体操世界チャンピオンであるヤナ・クドリャフツェワと、総合で世界第2位についたマルガリータ・マムンが、日本で17日から19日まで開催されるイオンカップで今シーズンの競技を終える。ロシア代表のコーチで、全ロシア新体操連盟の理事であるイリナ・ヴィネル氏がこれを明らかにした。

 「選手は3日間休んだ後、次の大会に向けた練習を始める。マムンとクドリャフツェワは世界新体操クラブ選手権『イオンカップ』に出場するため、14日に日本に行く。帰国した後は次の準備にとりかかる(マリインスキー劇場で行われる新体操80周年記念イベント)」とヴィネル氏。

 アレクサンドラ・ソルダトワもショーの参加者として日本に行く。

 

元記事(露語)

もっと読む: 新体操カザンW杯で露代表が優勝 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg