日産がモスクワショーに4種出展

今月27日から9月7日まで行われる「モスクワ国際モーターショー2014」(クロッカス・エキスポ)に、日産は4種のプレミアを出展する。うち2種はヨーロッパ・プレミアの日産「パスファインダー」とCセグメントのセダン。

 残りの2種はロシア・プレミアの日産「ジューク」とスポーツカー「GT-Rニスモ」。

 新しいパスファインダーには3.5リッター、V6、249馬力のモデルと、ハイブリッド、ガソリン・エンジンと電気モーターのモデルがある。これはロシアで量産される初のハイブリッドカーとなる。Cセグメントのセダンの車名やスペックはモーターショーのプレゼンテーションで明かされる。

 ジュークはこれまでのモデルと異なり、より高級で、車体の前後がスポーティなデザインになっている。エンジンは3タイプ。1.6リッター、94馬力、または117馬力、および1.6 DIG-T、190馬力。GT-Rニスモは日産の量産スポーツカーの中では最速である。V6エンジン、ツインターボ搭載、3.8リッター、600馬力。

 

元記事(露語)

もっと読む: 役人はLexusとInfinitiに乗れず >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg