ロシア、ウクライナ人道援助輸送、19日も再開されず

ロシアのウクライナ向け人道物資の輸送は1昼夜たっても再開されていない。19日、輸送を請け負う会社の代表者がロシア通信に対し、明らかにした。代表者によると、19日も輸送再開の見通しは立っていない。

 輸送隊第1弾、人道援助物資を積んだ大型トラック「カマズ」16台は現在もドネツクの国境警備所に止められたまま、積荷の検査も行なわれていない。第2弾の輸送隊は準備を整え、カメンスク・シャフチンシキー市で発車の号令待ち状態にある。

   これまで伝えられているところでは、赤十字は、ウクライナ領への人道物資輸送の安全保障に確約がとれないうちは、輸送再開が図れない状態にある。赤十字がロシアの輸送隊の随伴を行なうことが決まっている。

 

*「ロシアの声」より転載


もっと読む: 追加制裁の恐れあっても人道支援 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg