墜落したマレーシア機の「ブラックボックス」発見される

ウクライナの救助隊は、マレーシア機の墜落現場で、2つ目の「ブラックボックス」を発見した。ロイター通信が伝えた。

 これより先、義勇軍が1つめの「ブラックボックス(フライトレコーダ)」を発見していた。

 ドネツク人民共和国の指導部は、墜落したマレーシア機のフライトレコーダを、州際航空委員会のロシアの専門家に渡すと約束した。

 州際航空委員会はすでに、墜落状況の調査に参加する用意を表明した。


*「ロシアの声」より転載 

もっと読む: ウクライナでマレー航空機墜落 >>>