鳥取県代表団がウラジオ訪問

ウラジオストク市内の企業発展センターで15日、ウラジオストク市の経済界と鳥取県の代表団の定例懇談会が行われる。同県はすでに20年以上、ロシア極東と密に協力している。

 議題は情報技術、食品、化粧品、海産物などの分野における、ウラジオストクと日本の経済界の関係の構築。日本側にはとっとり国際ビジネスセンターの美甘哲也副センター長など、鳥取県の代表者が含まれる。

 懇談会では、鳥取県の経済的・産業的潜在性に関するプレゼンテーション、とっとり国際ビジネスセンターのウラジオストクにおける活動、山陰地方のブランドの見本市が予定されている。

 

*以下の記事を参照