プルシェンコが「間もなく日本でマンガに登場」

男子フィギュアスケートの“皇帝”、エフゲニー・プルシェンコが、日本語のマンガの主人公になる。昨日19日、プルシェンコ本人がインスタグラムで伝えた。それによると、マンガでは彼の生涯が語られ、とくにスポーツ活動に焦点が当てられるとのこと。

 「もうすぐ、僕と僕のスポーツ活動を描いたマンガが、日本語、ロシア語、英語で出ます!とても楽しいよ!」。プルシェンコは自分のインスタグラムのページにこう書き込んだ。彼は、様々なコスチュームを着たイラストを添付したが、そのなかには、なぜか囚人服を着たものもある。

 プルシェンコは既に何度か、外国の書籍に登場している。例えば、アメリカの物理の教科書では、慣性の法則を彼のジャンプを例に挙げて説明している。同書では、彼は2006年のトリノ五輪の金メダリストとして紹介。  

もっと読む: プルシェンコが氷上にあがる >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg