裁判でクリミアの代償として900億ドルをロシアに請求することを決めたウクライナ

ウクライナの最高検察庁は、すでにこの事件に関する捜査を開始した。

 ロシア通信が伝えるところでは、ウクライナのヴェルホーヴナ・ラーダ(最高会議)によって任命されたアルセニー・ヤツェニュク首相は、ウクライナはロシアに対してクリミアのロシアへの編入によってウクライナが被った1兆フリヴニャ(約900億ドル)以上の損害の賠償を求める訴訟を起こす意向である、と声明した。

 ヤツェニュク首相は、「最高検察庁によって捜査が開始され、刑事事件の枠内でウクライナ政府は1兆フリヴニャ以上の補償を求める訴訟を起こす」と述べた。

 

元記事(露語)