プーチン大統領 近いうちに大統領選挙が行われれば再選の可能性大

ロシア大統領選挙がこの日曜日に実施されたならば、プーチン大統領が得票率81パーセントで再選した可能性がある。調査機関「レヴァダセンター」の世論調査で明らかとなった。

 「レヴァダセンター」の情報によると、ロシア国民の49パーセントと投票先を決めた人の81パーセントが、大統領選挙が実施されたならプーチン大統領に投票すると答えたという。

 世論調査は4月25〜28日に実施された。

 

*「ロシアの声」より転載