EU クリミアのポクロンスカヤ検事にも制裁導入

EUは、対ロシア制裁を拡大し、ビザ制限などを受けるリストにヴャチェスラフ・ヴォロヂン大統領府第一副長官、クリミアのナターリア・ポクロンスカヤ検事、セバストーポリのイーゴリ・シェフチェンコ検事を加えた。

 またEUの外相らは、クリミアの2つの企業、「黒海石油ガス」と「フェオドシヤ」の資産を凍結する決定を下した。制裁はすでに、12日に効力を発した。

  EUのアシュトン外務・安全保障政策上級代表は「クリミア問題及びウクライナ情勢先鋭化により、我々は、さらに13人のロシア人に対し制裁適用を広げる決定を下した。彼らには、ビザ制限が課せられ、欧州の銀行にある口座が凍結される。現在EUは、そうした制裁措置を全部で61人に課している。」

 

*「ロシアの声」より転載