プーチン:キエフ政権が国民に軍隊を使用した場合、それは重大な犯罪

もしもキエフ政権が住民に対し軍を使用したら、それは非常に深刻な犯罪である。プーチン大統領がサンクトペテルブルグで開かれたメディアフォーラムで述べた。

 プーチン大統領は、ドネツク州における軍事行動についてはメディア報道で初めて知ったという。法的にはウクライナの大統領であるヴィクトル・ヤヌコヴィチさえ、それをする権限があったにも関らず、キエフのデモ掃討のために軍を使用することはなかった。「キエフの現政権はそのような権限を有さず、彼らの行動は部分的にしか合法的でない。現政権は臨時政権に過ぎぬ」と大統領。

 大統領は、ドネツク州の一件は「その実行を指令した者にも国際関係にも影響をきたす懲罰作戦」であったと規定した。

 

*「ロシアの声」より転載