ラヴロフ外相、ウクライナ問題めぐる4者協議のためジュネーヴへ

ロシアのラヴロフ外相はウクライナ問題をめぐる4者協議のためにジュネーヴへ出発した。

 ロシア、米国、EU、ウクライナの4者による外相協議が現地の11時に始まる。あわせて2国間協議も持たれる。

   ラヴロフ外相はウクライナ情勢について、ロシアはキエフ指導部が東南部住民の要求を尊重し、また武力の行使を控えるよう求めていく、と強調した。

 

ロシアの声」より転載