ロシア農相:世界30ヶ国のロシア大使館に農業専門官を配置

ロシアは農産品の貿易の振興のため、世界30ヶ国のロシア大使館に農業専門官を配置する。これまで同役職は11ヶ国の大使館にしか設けられていなかった。ロシア農務省ニコライ・フョードロフ大臣が17日、ベルリンで開かれた記者会見で述べた。

 農相は、「農業外交」はWTO加盟国として非常に重要だ、と指摘。農業専門官が優先的に配置されるのは、ロシアとの農産品貿易が活発な国々である、とした。

 

「ロシアの声」より転載