ヴォルガ沿岸地域 化学兵器庫へのテロ 未然に防止

ロシアの治安機関は、沿ヴォルガ地域キーロフ州にある化学兵器庫へのテロ計画を未然に防止することに成功した。

 連邦捜査委員会のウラジーミル・マルキン報道官によれば、北カフカスからテロ準備のためにキーロフ州にやってきたワッハーブ主義者二名を疑わしいとしてマークしていたという。今回のテロが実行されていた場合には、数百人が犠牲になっていた可能性がある。

   9月から現在にかけて、それぞれ19歳と21歳の二名は、化学兵器廃棄施設を目標にしたテロ行為を計画していた。捜査によれば、二名はワッハーブ主義者で、モスクワ経由でキーロフにやってきたという。現在、二名は拘束されている。

 

(「ロシアの声」より転載)