オニシチェンコ医局長「日本からの放射性車をブロック」

ロシア医局長ゲンナージイ・オニシチェンコ氏はモスクワで開かれた記者会見で、「日本からは依然<放射性>自動車が流入している」と述べた。

 「日本車たちは我々に興味を持ち続けているようだが、残念ながら、彼らは汚れている。現状、相当たくさんの自動車がブロックされている。港に渡ってきても、もし放射線を放つようであれば、元へ送り返している。我々の下に月間1万8000台の自動車が運び込まれ、うち数十台を送り返している」と医局長。

   言うまでもなく、この問題は2011年3月の大地震・津波による原発事故に起因する。

 

(「ロシアの声」より転載)