「オスタンキノ」テレビ塔で発火、千人が避難

モスクワの「オスタンキノ」テレビ塔で30日夜、火災が発生した。イタルタス通信が市の治安維持機関からの情報を引用して真っ先に伝えた。火災で塔の職員、訪問客らが避難誘導されている。最新の情報では火災の規模は第4レベルとされている。

 ロシア非常事態省モスクワ市本課広報部のヴィクトル・ビyルコフ部長の伝えた公式的な情報では、火災は消し止められたが、25平米が燃えた。火災現場は舞台装飾を作る工房。

 火災原因の究明には1日要される。非常事態省は、配電線の故障または装飾の技術的な塗装過程で違反があったのではないかと疑っている。

 

(「ロシアの声」より転載)