パナソニックが単独ブランド店展開へ

新たな戦略に移行

 日本の電機メーカー「パナソニック」は、ロシアで単独ブランドの小売りを重点的に進める。ヴェドモスチ紙がこれを伝えている。

 パナソニック・ブランドの店が、ロシアの百万人都市で20店舗以上開店する予定であることを、パナソニック・ロシアの鈴木茂雄最高責任者は明らかにした。

 ノボシビルスク市では今週、面積135平方メートルの新しい単独ブランド店がオープンする。ここでは約450種類の製品が販売される。

 

元記事