マンモスの顎 ヴォログダ州で発掘された

マンモスの顎の標本がロシア北西部ヴォログダ州スルダ村のスターラヤ・トチマ河口付近で発掘された。保存状態は良好。古生物学的に価値ある発見だ。

 地元メディアによれば、スターラヤ・トチマ河口でマンモスの標本が発見されるのは1916年以来だという。

   800m続く急峻な右岸は波浪の浸食を受け、古代生物の化石が大量に露出している。最も多いのはマンモスの歯、牙であるが、長毛サイの頭骨なども発見されている。ヴォログダ州公式サイトが伝えた。

 

(「ロシアの声」より転載)