ラグビー7人制W杯 ボウル戦でロシアに軍配が上がった

モスクワで開催中の7人制ラグビーワールドカップ。ボウル戦(下位チームによる順位決定戦)の決勝は27-5でロシアに軍配が上がった。

 折からの激しい雨で開始時刻は40分遅れ、キックオフは18時55分。序盤から立て続けにトライを決められ、スタンドからは地鳴りのようなロシア・コールが上がる中、日本代表は闘志あふれるプレーを見せるが、及ばず。27-5でロシアの勝利、「ボウル」はロシアの手に渡った。

 試合後ロシアのヘッドコーチ、アレクサンドル・アレクセーエンコ氏は、「日本のレベルは世界トップクラス。柔道などに続く第2の国技とも呼べるのではないか」と日本の敢闘を讃えた。

 

(「ロシアの声」より転載)