領土問題は「双方に受け入れ可能な条件で」

露日首脳会談後の記者会見で、露日双方は、平和条約締結に向けて交渉を活性化させ る意向を明らかにした。

 ロシアが、択捉、国後、歯舞、色丹の4島で、外国も参加してインフラを整備していることは、平和条約の交渉にどう影響するのか――。記者会見の最後に日本のジャーナリストはこのようにプーチン大統領に質問した。

 これに対してプーチン大統領は次のように切り返した。「私は、あなたが紙に書いてある質問をそっくりそのまま読み上げたのを見ました。その質問を私にするようにあなたに命じた人に、次のようにお伝えください。この問題(4島の帰属)は、我々がつくり出したものではなく、過去から我々が受け継いだものです。我々は衷心から、この問題が双方に受け入れ可能な条件で解決したいと望んでいます、と」。

 またプーチン大統領は、もし日本側がとくに日本のジャーナリストがこの問題の解決を助けたいと思うなら、相互の善意と信頼の条件を創り出さねばならない、と付け加えた。

元記事