イラク ロシアとの大規模武器購入契約を承認

イラク政府は事実上、ロシアから総額42億ドルに上る軍用ヘリ・対空設備を購入する契約を承認した。

 これに先立ち、イラク高官(複数)の汚職疑惑により、契約立ち消えの危険が報じられていた。数日前、イラクの使節団がモスクワを訪れ、先行する契約のかわりとなる新たな武器売買合意に仮調印した。新たな合意は、イラクに軍用ヘリと対空設備を供給することなどを内容とする。

 

(「ロシアの声」より転載)